65歳以上の高齢単身女性の貧困率は50%を超えているという驚愕の事実

高齢シングル女性の貧困率は50パーセント以上という驚愕の事実に驚いています。

悲しい。苦労して働いてきたのに年金が月10万未満。

それでは家賃や光熱費、食費、医療費、介護の自己負担分を払えきれません。

だから体が動くギリギリまで働かざるをえない。

高齢おひとりさま200万人が貧困 低年金でパート辞められず

65歳以上がいる世帯(全世帯の47%)のうち、夫婦のみ世帯が34%、ひとり暮らし世帯が26%であり、高齢者の4人に1人がひとり暮らしということになる。また高齢者の貧困率は高く、とりわけ65歳以上の高齢単身女性の貧困率は50%を超えており、母子世帯に次いで高い比率となっている。

悲しい。

必死に孤独に耐え文字通り血を流しながら働いてきたのに、生きるだけで必死の生活だなんて。

生きてるだけで罰ゲームですか。

老後のために貧しい暮らしをしていたら、今が楽しくない。

でもお金がないと老後苦しい。